警察官の講座・仕事

警察には、警察庁と都道府県の警察があり、警察庁の職員は官僚で各警察の指揮を行います。

都道府県の警察官は、交番勤務や犯罪捜査、交通事故の防止・処理、防犯・取締り、警護などを行います。

昇級は経験を積みながら試験を受けなければならず、警察内での専門職に就くには研修の制度などがあります。

警察官の活躍の場は?

警察官は研修や交番勤務を経た後は、各警察署の様々な部署に配属され、安全な社会をつくるために活躍します。


警察官の仕事を選ぶ理由は?


・活躍しているのを見てなりたいと思った
・人の安全を守りたい
・平和な社会をつくりたい
・警察官に助けてもらったことがある
・犯罪などの被害にあったことがある
・体力や正義感を活かしたい


こんな人には向いていません


・モラルに欠ける
・責任感がない
・平和に関心がない
・体力がない


収入の見込みは?


警察官も公務員なので、景気の影響を受けることはなく、ボーナスも必ず支給されます。

年収は25歳巡査が350〜400万、35歳巡査部長で500〜600万、45歳警部補で700〜750万くらいと安定しています。

もちろん警察官僚はもっと・・・。


警察官の仕事に役立つ資格は?


警察庁で仕事をするには国家公務員T種の試験に合格しなければならず、また都道府県の警察官になるには、必ず採用試験に合格しなければなりません。

警察官の採用試験は人気があるため、容易ではないので専門のスクールに通学または通信教育を利用するなどで学習した方がいいでしょう。


学ぶためのスクール・講座


■市場価値UP!自分に合った資格を探そう![資格の学校TAC]

資格の学校TACでは試験傾向を分析し、重要ポイントに的を絞った「試験に合格するための」講義を行い、無料の講座説明会・セミナー・個別相談・体験入学などが多く開催されています。
TACは通学・通信講座、通信講座の中でもビデオ・DVD通信、カセット通信、WEB通信など選択肢が多いのが特徴です。
TACの「公務員講座(警察官・消防官コース)」は通信・通学の講座が開催され、情報提供やフォローシステムが充実しています。
詳しい資料の請求は無料です。

★自宅で効率よく合格!【CSVL公務員プログラム】

CSVL公務員プログラムは、CD-ROMを使った通信講座で自宅で学習して合格を目指します。
カリキュラムは一流講師による講義と演習問題を繰り返し、速聴CDを利用して短時間での暗記を目指します。
受講料は10万円以下を実現しており、資料を請求すると無料でCD-ROMによる学習体験をすることができます。



リクルート進学ネット(公務員・政治に関わる仕事)

リクルート進学ネットは、全国の大学・短大や専門学校から地域や仕事分野を選んで簡単に資料を取り寄せることができるサイトです。
もちろん高校生から社会人まで利用できます。資料の請求は全て無料の上にプレゼントが当たるチャンスもあります。



【無料】気になる学校にまとめて資料請求!

学校情報サイト「日本の学校」では、職業・資格別に目指せる専門学校・大学・短大を全国から探して、無料で資料を請求することができます。
また、適職診断や条件から探すことができるマッチング検索のほか情報も満載です。


警察官の仕事・資格に関する本を探してみよう


アマゾンで探す


就職・転職先を探す

派遣で探す

バイトで探す

プロに相談しながら探す



なりたい「わたし」を一緒に見つける!進路情報なら【マイナビ進学】

2005年10月08日 16:54